« 急ですが、思いたったので・・・ | トップページ | 我輩は自信家である。まだ自信がない。 »

スギ花粉の予測の仕方

スギ花粉について調べる機会があったので、それをまとめておきます。

花粉の予測については

・花粉の総量
・花粉の飛散開始時期

の大きく二つ。

☆総量
花粉の総量は、まず前年の夏の気温が高いと多くなり、低いと少なくなる。
さらに前々年との平均気温差が前々年<前年だと、さらに増量!
逆に前々年>前年だと、少し減る

2012年の花粉総量は 前年の2011夏は気温が高く(+1.5)
前々年の2010夏は非常に高い(+2.5)
さらに前々々年2009夏は平均並み(+0.0)

この状態で2011年の花粉は記録的に多かったわけだが、2012年は 2011夏が気温高めだった割に、2010夏に比べて下がっているため総量は減り結果、『平均程度』となる。
※去年の花粉量は、2009が暑くない状態で2010が酷暑だったため一気に増量した。

イメージとしては、スギの『胞子』がたくさん実れば(?)次の花粉シーズンにおける花粉の総量が多くなると言うことなのですが、データを見ると前々年の気温にも左右されているように見受けられました。
恐らくは、スギの木そのものの成長度合いが影響してるんじゃないかと思います。

そしてここまで書いておいてなんですが、厳密には気温だけではなく梅雨の降水時期や日照時間なども影響しています。

気象庁のデータとして、気温、日照時間、降水量は過去3年のデータを得られるので予想することができるはずです。

気温は日照時間と比較的比例するので、概ね気温だけでもある程度の予想の正確さになるかと。

ちなみにイメージとしては、梅雨時期~初夏にしっかりと雨が降り、8月~9月に暖かな日が続き十分な日照を浴びると杉はよく成長し、胞子を蓄えます
その結果花粉が多くなる。

さらに、その前の年がスギの成長に厳しいと、反動なのかものすごい健やかに成長します(笑)
花粉総量=スギの成長度合いと見て良いので、夏場の成長度合いを調べろということです。

☆飛散時期
冬の前半と後半で判断が出来、

低い→低い 高い→高い だと、飛散時期は普通(東京2/15くらい)
低い→高い だと、早い(2/10くらい)
高い→低い だと、遅い(2/20くらい<今年はややこの傾向

そして、冬全体が寒いときは、暖かい日に一気に多くなったり、飛散量にばらつきが出る<今年!

ってなります。

スギ花粉の多さは総量に影響されるので、早くても遅くても、花粉を出し切ったら終わるわけです。
なので、花粉総量が少なく、飛散時期が遅くなれば、体感的には花粉がすごく少なく感じますし、花粉総量が多いのに一気に噴出すればまさにマスコミ大騒ぎの一大事になります。

★花粉の飛散量
実は、これこそ大事なのかもしれませんね(^^;

一日あたりの飛散量は総量とか関係ありません。
花粉が飛ぶ条件は、単純に胞子が破裂しやすいかってことです。

影響するものは2つあります。

・胞子が破裂する
・花粉が運ばれる

です。

まず、胞子が破裂するメカニズムですが、湿気が影響します。
湿気が多い状態から少ない乾燥した状態になったときにはじけます。
ですので、雨の降った次の日にからっと快晴になったりすると一気に花粉が増えます。

もしスギの木の近くにいる場合は、このタイミングがとても花粉の影響を受けます。

次に花粉が運ばれると言う表現なのですが・・・都心部では花粉が運ばれて始めて影響が出ます。
花粉は文字通り『粉』ですので、水分が少なければ軽く、逆に水分を吸えば重くなります。
雨降って晴れて花粉が爆発しても、直後に再び雨が降れば都心部は平和なものです。
しかし、乾燥状態になって風が強い日、このときに都心部に花粉が襲います。

なので都心の人は、スギ花粉の発生地の様子+空気の乾燥状態(雨が降ったあとなら2~3日後、降っていないなら翌日には)+風向きと強さで、判断しなくてはなりません。

一番凶悪な条件は、数日の快晴の後、ザバッと雨が降り、その後また快晴になって、直後に春風が吹いた日は、都心部でも黄色い悪魔が降り注ぐでしょう。

花粉は物理的に除去出来ますし、対策も出来ます。
それはまた別の話ですけど、花粉が多い日はそれなりの対策をとって乗り切りましょう♪

|

« 急ですが、思いたったので・・・ | トップページ | 我輩は自信家である。まだ自信がない。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519013/53931880

この記事へのトラックバック一覧です: スギ花粉の予測の仕方:

« 急ですが、思いたったので・・・ | トップページ | 我輩は自信家である。まだ自信がない。 »