« テレビ・ラジオに出来ること。すべきこと。 | トップページ | 2013年4月の新番組情報!(その他の番組も♪) »

もしも、『勉強会』みたいなのを開催するならば。

なんか本格的に私塾みたいなのを開講するとかってつもりは全く無いんですけど、アシスタントについて早数年の『すちお』があまりに成長しないので、この春にしっかりと教え込もうかと思ってるんですよ。

・・・だったら、なかなか恵まれない学生とかに自分の得た経験とか伝えるのもアリかな?とかエラそうなことを思ったわけです。
あと、スタジオを使って実習させるなら、その費用とかを稼いでも良いかな?って(爆)

これはたまたまなのかもしれないけれど、とにかくラジオの制作現場について専門学校で習った割りに音響の知識があまりに不足してるんですよね。
ラジオのミキサーなんて、PAとかに比べりゃ知識なんて不要ですし、簡単です。
けど、意識するポイントも違うし、求めるミックスバランスも違うんですよ。
そう言う話をしようにも、ベースとなるべき知識が不足している。

最初は、まぁそばにいてアレコレ仕事してりゃ十分成長すんだろ?なんて思ってたんですけど、「んな5年もすりゃPAくらい一人で出来るだろ(笑)」と思ってたけど、厳しい感じなもんで・・・
一応「弟子」になるだろうし、そろそろ一人で現場を行かせて金を取れるくらいに育てなきゃダメかな?って。

ディレクターに関しては、そんなに教えられることなんて無いかなって思いますけど・・・
どうなんだろうね?
受けたい!って人とかいるのかな?

もしやるなら、こんな内容かな。

・機材の基本

ミキサー卓のin・outはもちろん、AUXとかBUSとか。
デジタル卓とか目に見えにくいから、基本だけどしっかり理解していないとルーティングが組めないってオチになる。
デフォルトで困らないことが多いけど、やっぱり作業を楽にするためにも知って無いとね。

EQ
卓を使う上で基本だわな。
でも、実は抜き収録が多い場合、個々の声の音質なんかよりもバランスを調整する方が大事だったりする。
とは言え、ゲームの収録だったりする場合は、ガッチリ決めて行かないと作業が面倒なんだよねぇ・・・

コンプレッサー
ある意味一番大事かも。
音響なんてラジオなどの放送以外にも音楽とか舞台とか色々あるわけですけど、トークが一番音圧が安定しないわけですよ。
なので、コンプレッサーが使えないようじゃラジオミキサーは出来ないと僕は思ってます。

マイク
別に構造とかまで知らんでも良いとは思うけれど、基本的なことは知らないとね。

・その応用

コンプレッサーとかね!
基本を知った上で、じゃあ実際どうしたら良いのか知らなきゃ意味が無い。

・意識すべきこと

ラジオってのは映像が無いメディアなんですよ。
そうなるとマスキング効果がおきにくい。
だから、ミキサーがトークの流れを読んで、バランスを整える必要があるんです。
・・・って話とか?
ぶっちゃけ、ディレクターの意見を反映させるために、自分がディレクターと思わなきゃいけない・・・とか。

・実践!

結局、技術なんて実際に触ってみないと解んないよね!
ってことで、スタジオを実際に使ってみよう☆
・・・喋り手も手配しないと、実習にならないから、それも何とかしないとね。
そして、個々が一番お金がかかるわけで・・・

・・・でも、これってラジオのスタジオだけしかフォロー出来て無いか。
せめてPAくらいは出来ないと仕事にならないしなぁ・・・

フリーで『ミキサー』をやるなら、スタジオとPAは出来て当たり前だと思うんですよね。
そしてスタジオを選ばない。
スタジオを選ぶくらいならフリーじゃない。

スタジオを選ばないようにするには、やっぱ基本が出来てなきゃいけないわけですよ。

最近、専門学校によってはこの程度のことも教えてくれないのかな?
やるなら1日でやりたいし、ぶっちゃけ専門学校で習うことのエッセンス+体験談程度だから、こんなのの学んでも役に立つのは「学校で教えてもらえなかった人・もらえない学生」と「放送のミキサーに興味のある学生」程度ですけどね。

スタジオ代とか喋り手代を考えれば総額で数万円。
希望者の人数次第では・・・どうだろ?いくらくらいなら受ける価値として見合ってるんだろ?(^^;

ま、実際にここまでやらないにしても、すちおにはこの程度を叩き込まねば・・・

|

« テレビ・ラジオに出来ること。すべきこと。 | トップページ | 2013年4月の新番組情報!(その他の番組も♪) »

ラジオ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビ・ラジオに出来ること。すべきこと。 | トップページ | 2013年4月の新番組情報!(その他の番組も♪) »