« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

金元サル軍団第11回『さよならするのはつらいけど』

「もう、さよならの時間だね」

「いつまで経っても、話が尽きないよねー!」

「ほら、覚えてる? あたしが旅館で足をくじいちゃった時のこと」

「だよね! もうあたし、本当のショックだったんだから!
挫いた上にその場で転んじゃって、好きだった上田君に下着を見られちゃって、
その時の一言『え?豚?』って!
もう、上田君の事好きだったのに、そのせいで思いっきり気まずくなって、それっきり。
しかも、それ熊だったし、その前になんでそんなのを修学旅行で穿いてきちゃったのか、
もうショックを通り越して、一緒に笑っちゃったもんね!」

「色々ありすぎて、なんだか思い出いっぱいだよ!」

「・・・もう、なんで泣くの? 泣かないでよ・・・」

「今度の大学、行きたい学校だったんでしょ?
本当に、ほんっとうに頑張って合格して行くんじゃない!
私だって、第一志望の学校なんだから♪
・・・ね、泣かないでよ・・・」

「もう・・・ばか・・・つられちゃったじゃない・・・」

「・・・・・・」(ココから、もう涙交じり。 と言うか、涙ぼろぼろ。)

「・・・ほ、ほら、ちょっと頑張ればすぐに会えるじゃない!
ちょっとした遠距離恋愛みたいなもんよ!
今までずっと二人で面白おかしくやってきたんじゃない!!
大丈夫! きっと離れてたって、仲良しのままだよ!」

「・・・あたしだって、寂しいんだから・・・そんなに泣かないで・・・」

「大丈夫、きっと離れ離れになって、それぞれ新しい場所で友達を作ったって、あたし達は親友のままだよ・・・」

「いままで、本当にありがとう。
高校生活がこんなに楽しかったのは、みーちゃんのお陰だよ?
ほんと・・・」

「たった3年だったけど、いままでで一番の親友だよ・・・」

「・・・・・・」(涙を堪えて、ここから力強く)

「きっとさ、大学でダーリンに出会ったりして、社会人になって、そのまま結婚なんかしちゃって・・・それでも一緒に遊んだり、家族ぐるみで付き合ったり、子供同士で遊ばせたり、もしかしたら子供同士が結婚して親戚になっちゃったりしてね!」

「あはは! わからないよ? 本当にそうなるかもよ?」

「親戚は冗談にしても、きっとこれからも長く、ながーく一緒に過ごせるって!
だから、何かあったら電話、頂戴ね!
あたしも、彼氏とか出来たらすぐに報告するから!!」

「一つ、約束しよう・・・来年の今頃、きっと大学生活も慣れてそれぞれの生活がしっかり出来た頃に、この街で・・・私たちの高校時代の思い出のたっくさん詰まったこの場所で、
会おうよ。」

「もちろん、タイミングが会ったら夏休みとかに遊びたいけど、この街で・・・再会しよ?」

「・・・みーちゃん・・・これからも、よろしくね・・・」

「じゃあ、さよなら・・・そして、また今度・・・」

※高校の卒業式の後くらいのイメージ。 明るい娘が涙もろい高校の親友とさよならする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金元サル軍団第10回『鬼は悪者なの?

子「鬼はー外! 福はー内!」

鬼「いでっ! いででっ!!」

子「うわっ! 鬼だ! 鬼が居るぞー!」

鬼「な、なんだよっ! やめろっ!」

子「なんだか、よわっちぃ鬼だなぁ。」

鬼「べ、別に鬼だからって強いわけじゃ無いやい!」

子「でも、悪もんなんだろ? 鬼はー外っ!」

鬼「いだだっ!! そ、そんなわけないだろー!!」

子「だって、鬼は人間を襲ってバリバリ食べるってじいちゃんが言ってたぞ?」

鬼「もしかしたら、そんな酷い奴もいたかもしれないけれど、それを言ったら人間だって同じだろ?」

子「え? どう言うこと?」

鬼「人間だって牛やイノシシを襲って殺して、食べてるじゃないか。
牛とかも人間と同じ生き物だぞ?」

子「だって、牛は食べるものじゃ無いの?」

鬼「牛と人間とは何が違うんだ? 言うならば、人間と鬼って何が違うんだよ。」

子「えーっとぉ・・・何が違うんだろ? 鬼はわるもの?」

鬼「なんで悪いんだよ。 牛からしたら人間が悪いものになるんじゃないのか?」

子「え? なんで? ・・・あれ? そうなのかな?」

鬼「そりゃ人間よりも力があるし、頑丈だし、大きいかもしれないけれど。
それだったら、人間を殺しちゃう人間の方がよっぽど恐ろしいよ。」

子「うん、殺人は悪いこと!」

鬼「だろ? じゃあ、牛を殺すのは?」

子「う~ん・・・でも殺さないと食べれないし・・・」

鬼「だよな? 殺すことが必ずしも『悪い事』じゃないってことだ。」

子「うん。」

鬼「鬼が人間を殺すことは本当だ。
でも、一部の悪い鬼が暴れる以外は、だいたい人間が鬼を襲ってきたからなんだぞ?」

子「え? そうなの?」

鬼「桃太郎とかでも、人間が鬼ヶ島に襲ってきてるだろ?
人間からしたら鬼が恐ろしいのかもしれないけれど、うちらからしたら人間が島にやってきて襲ってきたんだぞ?」

子「そうなんだ? 桃太郎は悪い奴?」

鬼「難しいなぁ。 こっちからしたらタマったもんじゃなかったけれど、その前に人間を襲った鬼がいるのを知ってるからな。
鬼の間では、そんなに悪者として扱ってないんだ。 なにより、実は最後は話し合いで決着したしな。」

子「えー! 桃太郎は鬼を倒したんじゃないの?!」

鬼「桃太郎も自分自身が鬼に襲われたわけじゃなかったし、こうやって説明されたんだろうけど、鬼が悪いわけじゃないってわかったらしいんだ。
そこで、倒したってことにして、お宝を持ち帰ったんだ。 桃太郎の話でも鬼の首を持ち帰ったりしてないだろ?」

子「うん」

鬼「昔は、相手を倒した証拠に首を持ち帰ったんだよ。 なのに、桃太郎は持ち帰らなかった。 つまり、鬼を倒したわけじゃなくて、和解をしたんだよ。
あ、和解って分からないか。 話し合いで解決したんだよ。」

子「へー!」

鬼「じゃなければ、いくら桃太郎が強くても鬼が束にかかって襲ったらただじゃすまないさ。」

子「なるほどー! じゃあ、鬼は悪者じゃ無いんだね?」

鬼「そうだよ♪ だから、一緒にあそぼうぜ!」

子「うん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »