« 日産リーフにのって~ | トップページ | 学校での勉強は不毛に感じるけれど… »

深海ARMS~ダイオウミサトムシは海老の味がするか?~

まさかのオープン状態での執筆!!

現在、冒頭5分、ダイオウミサトムシと人間の邂逅までここから、人間に追いかけられてるとは気付かず(?!)に泳ぎ回るダイオウミサトムシが巻き起こす大騒ぎ!
そして捕獲されてからの救出劇!そして最後は…
これ、最後までオープンで書くかは決まってないです。

『深海ARMS~ダイオウミサトムシは海老の味がするか?~』

あらすじ

   光も届かぬ深海、そこには人知れず大きな世界が拡がっている。

   暗く静かな重い世界…と、思いきや、実に賑やかであった!!

   機能美に溢れた数々の生物達は表情豊かな世界で、上の世界から色々な物が落ちきてはお祭り騒ぎな日常♪

   そんな深海の世界に、『ニンゲン』が侵入してきた!!
「アレ、ダンゴムシにそっくりだな!ムシなのか?エビなのか?」
人間が一番興味を持ったのは、まさかのダイオウグソクムシ!
その中の一匹、ダイオウミサトムシがニンゲンに狙われた!!

   「ぎゃー!ダイオウミサトムシ、こっちくんな!!」
「えー?なんでー??遊ぼうよー」
「ギャー! あんたが来ると、ニンゲンがついてくるのー!!」

   自分が狙われてると気付かずに友達を捕まえようと縦横無尽に飛び回るミサトムシ。
行く先行く先、捕獲しようとするアームが破壊を尽くす!!

   これは、深海生物とニンゲンの戦い。
…と思ったら、ダイオウミサトムシを巡る大騒動に過ぎなかった!!

表記とその役名(モデル)

味里…ダイオウミサトムシ(ダイオウグソクムシ)

野水…ホテイオリ(ホテイエソ)

佐土…サドテイエソ(ホウライエソ)

富樫…トガシザメ(ヤモリザメ)

デメ…デメニギス

操士…潜水艇クトニオスの操縦士

技師…同潜水艇のアーム操作技師

学者…同潜水艇に乗り込んでいる海洋生物学者

無線…海底調査のベースの無線オペレーター

SE 水中を沈んでいく

潜水艇内部、潜水艇操縦士とアームの技師、学者の3人がいる。

操士「こちら、クトニオス。現在、深海帯を通常潜行中。深度7500フィート。
異常無し。このまま潜水を継続する」

無線『ベース、了解。そのまま10000フィートまで潜行。そこで報告せよ』

操士「クトニオス、了解」

技師「太陽の光すら届かないって、不思議な感じッスね」

学者「そもそも2000フィートで人間の目には光が届かなくなり、今居る7500フィートは光と言う存在が無い世界なんだ。
今潜ろうとしている10000フィートは『深海』と言い、生物の存在すら限られてくる。まさに地上とまったく別の世界になるんだ。」

操士「お前が操るアームは事も無く動くから感じにくいとは思うが、すでに水圧は200気圧をゆうに超えて、もしもクトニオスの外に放り出されたら押しつぶされて死んじまうぜ?」

技師「え?! マジっすか?」

学者「どうだろうねぇ、ふふ♪」

技師「うぇ~…あれ? 何か大きなものがこっちに…なんだ? 鯨?」

学者「どれどれ?深度的に鯨が潜れる限界近いはずだが」

操士「お♪ そりゃ幸運の鯨だ♪
光も届かない深海で鯨に出会うと、新しい発見があるって言われてる」

学者「深海ってのは10000フィート付近から下を言うのであって」

操士「良いんだよ、肉眼で何も見えない、光の届かない世界は全部『深海』だ。
定義としちゃそうだろうけど、そんなのは数字の世界だよ」

技師「なにか新発見があると良いっすね!」

操士「そうだな♪ あの鯨に祈ろう」

ナレ「光も届かぬ世界。深海。
そこは地上と違い、その景色は宇宙にも似ている。

生きるのに厳しい環境、拡がるの死の世界…と思いきや…
実に賑やかな世界であった♪」

野水「いやっふぅ~♪ 嵐が来るぞ~♪」

佐土「えぇー…落下地点はどの辺なのぉ?」

野水「豊饒の森付近だってさ♪」

富樫「え? マジで?! テンション上がるぅー!
祭りっしょ? 祭りになるっしょ?!」

野水「間違えないね♪」

佐土「そっかぁー。 前に落ちてきたのっていつだったっけ?」

富樫「あー…いつだろ? まぁ、良いじゃねーか♪ しばらくの間、『美味しい』 思いが出来るんだからさ!」

佐土「そうだね。 ねぇ、私と一緒に行こ?」

富樫「いいぜ♪ じゃあその前に、ちっとみんなに教えてくる!」

野水「私は、森付近のみんなにいったん退避するように伝えてくるね♪」

佐土「じゃあ私も手伝おうかなぁ・・・あ」

味里「…感じる…こ、これは…宇宙の意思!!」

佐土「ちょっ! そっちは危ないって!!」

味里「大丈夫。 運命を感じるから!」

佐土「運命とか、わけわかんないから!」

ナレ「大きく静かな流れはあれど、大気などの影響を受けないこの世界は、噴火や落下物によって堆積物が吹き上がると、その栄養素も一緒に湧く為にお祭り騒ぎをするのであった」

SE ずしーん…ぶゎふっ!

佐土「はむっ♪」

富樫「おい、サドテイエソ、なに私を食おうとしてんだよ」

佐土「冗談♪ 冗談だよ~♪」

野水「じゃあ私も♪ はむっ♪」

富樫「うぉーい! どっちも牙が痛ぇーんだよ!」

野水「あはは♪」

味里「私も食べて♪」

野水「えぇー、ダイオウミサトムシは無理―。だって堅いし、大きいし…」

味里「堅くて大きいのが良いんだよ♪」

佐土「肉厚だしね」

味里「そうそう! 食べ応えに自信アリ!!」

佐土「人間に食べられちゃえ♪」

味里「私はサドチンに食べられたいのぉ♪」

佐土「いやだ♪」

味里「えぇー♪ 食べちゃいたいくらい愛してるのに♪」

佐土「マジでやめて♪捕食しないで♪」

デメ「みんなー! 空から太陽がやってくる!!」

富樫「え? 太陽?」

デメ「そう! 凄い明るさ!」

野水「それって、もしかしてニンゲン?」

富樫「また潜ってきたのか」

野水「あ。 今祭りでみんな泳ぎ回ってるのってちょっとヤバいくない?」

富樫「そうだね。 目を持ってない奴らに教えて回ろう。 変な音には近付くなって」

佐土「忙しいねぇ」

デメ「私、他の人達にも伝えてくるねー」

潜水艇

操士「随分ノイズが…噴火でもしたのかな?」

学者「いや、さっきの鯨の影響じゃ無いか? 何かを引きずり込んで来たのか、付着物でも落としたのか。堆積物が吹き上がったんだろう」

操士「そうだろうな。こんなんだとライトの照射距離も短くて役に立たんな」

技師「あれはなんだ? ダンゴムシ?」

学者「ん? グソクムシか何かか?」

技師「ほら、アレです」

学者「…グソクムシだ…おかしい、ここはグソクムシの生息域より深すぎる…」

操士「なんか、気持ち悪いくらい動いてるな」

学者「実は深海帯での生息が可能なのか、はたまた個体差なのか…捕獲出来ませんか?」

技師「よっしゃ! 頑張るぜ!」

操士「出来る限り追跡するが、動きが早すぎる。あまり期待しないで欲しい」

技師「なに行ってるんですか! 船長と俺の腕にかかれば!」

学者「お願いします。」

|

« 日産リーフにのって~ | トップページ | 学校での勉強は不毛に感じるけれど… »

ミニドラマ台本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日産リーフにのって~ | トップページ | 学校での勉強は不毛に感じるけれど… »