« 質問箱、大繁盛!(プチ炎上?) | トップページ | 仕事履歴 »

『星綵Project Vol.1』を終えて、朗読劇に思う事

『星綵PROJECT Vol.1』に御来場頂いた皆さん、まことにありがとうございました。

今回、クレジット的には演出でしたが、テクニカルチームとして照明も担当させて頂きました。
音響じゃなくて照明です。
まぁ、いつも通り参加してる本田も舞台美術を作ったり、今回巻き込んだ専門同期の須田っちは音響兼大道具(大道具の方が作業比率が圧倒的に多く「騙された!」と言われたけど)と言う、技術系スタッフ全員『音響系』と言う面白い状態だったわけですが……

珍しい事なので、本文(朗読劇について)の前に、照明について書かせて頂きたいな、と。
見て見てー♪(笑)
26231121_1565394676887198_7834189_2

まずは2話構成の1話目『天秤座』の基本照明です。

青を基調としつつスタンダードに。
今回はプロジェクターを使用するので、スクリーンになる後ろの壁に当てないようにしつつ、ステージに配された月と雲を使ってプランニングしてみました。

そして、2話目『蠍座』はこんな感じ。

26229886_1565394683553864_816731072

雲も月も赤くして見ました!

色の出やすさの差もあり、色を入れる為の照明は青が4発に対して赤は2発です。
思った感じになって一安心♪

元々小劇団のお手伝いで舞台演劇でこの世界に携わるようになったのですが、スタートの音響から始まり、演出、脚本、そして照明……出演以外はだいたいやった感じですね(笑)

なお、壁のイラストや影画も照明を当ててみました。(本番中持って意味で)
朗読劇と言う事で、スタージをずっと見て居なきゃいけないわけじゃない。
なので、よそ見した時にしっかりとこれらも堪能出来たら良いかなって思いました。

26195353_1565394680220531_268913577

写真で見ると、額への光はもうちょっと絞っても良かったのかな……ここら辺にセンスの無さを感じますね(笑)

本当ならもっとアクティブに照明でも演出したかったのですが、もう手が足りなかったですし、なにより集まった人材で出来る物としてはやれることをやったかなって思います。

そんなわけで、舞台の感想は見たみなさんのが全てと思いつつ……『声優・川上千尋』の芝居を存分に堪能して貰えたんじゃないかな?って思います。

今回、脚本には関与していないですし、音楽も全てオリジナルな上にフィルムスコアリングされており、エンタメとしてはテラ娘屋もそれなりに楽しんで頂ける物を提供すべく作っていますが、星綵の方は『上質』と言うにふさわしいスタイルで作り上げられたと思います。

これから朗読と言う物について書こうと思っていますが、悪しき例に出るような事をテラ娘屋でやっているのも事実です。
その上で『その条件で出来るベスト』を目指していますし、その結果としてお客さんが楽しんで頂けていると自負していますが……

まず、舞台と言っても色々あります。
朗読劇やストレートプレイと言われる脚本を演じる基本芝居や、即興劇もありますし、音楽を使うミュージカルもですし、狂言や歌舞伎などの日本芸能もありますね。コントや落語だって立派な舞台だと思います。(高座と舞台を一緒にするな!って人もいそうですが、僕としては同じステージエンタメです。もちろん音楽のLIVEだってそうだと思います)

そのいくつもある舞台の中でも『朗読劇』と言うのは、誤解される事が多いと思います。

『台本を手にしているから、丸々覚える必要が無い』

この点でおいて『舞台として一番お手軽』と思われることがあります。
実際、台本を頭に入れると言うのが負担的にも大きく、実際に準備期間的な負担が小さいです。
故に大小様々な朗読劇が企画されますし、その拘束の少なさもあって人気声優でも出演が出来たりするメリットもあります。
ただ、表現としても簡単なのかと言うと話が変わってくるんです。

このブログでも何度か言及している『棒読み』が起きやすくなります。
何せ手元に台本があるから、読めてしまうんです。
これはなかなかの甘い誘惑ですよ?

動きが無い、表情こそ作って見せる事も出来るけれど、身体での表現が出来ないと言う『制約』の中で、音表現だけで客に伝えなければならないのです。

その為には、大前提として脚本をしっかり解釈することがあった上で、声に感情をしっかり乗せ表現しきらないと、『朗読劇』が『本読み(NOT読み聞かせ)』になってしまうんです。

まさに、声優に求められる芝居の『粋』です。

今回の星綵は一人朗読劇。
つまり、掛け合う相手もい無い、全てを自分がコントロールしなきゃいけない芝居。

単純に朗読で演じることが大変なのに、相手に救ってもらうことも許されない、役者の技量勝負としてシンドイのです。

実はこれ、落語などもそうなんですよね。
一人芝居、しかも座布団の上に座ったままと言う制約(変化球もありますけど)があった上で演じる。

芝居が終わったハイテンションのまま書き綴っているので乱筆乱文が過ぎますが、ここまで読んで頂ければ、この星綵Projectで4公演やりきった、伝えきった声優・川上千尋の凄さの一部でも理解頂けただろうか。

……おかしいなぁ、痛風ってこともあってお酒を飲んでないのに酔っ払いの様な記事になってしまった……

僕としては演技力・表現力において信用している声優の一人であるので、出来ると思っていたし、だからこそこの企画に参加しているわけです。

ただ、ここまで書いたからこそ自爆級の痛い所に触れますが……簡単そうだから。声優ならなんとか出来るでしょ♪って軽い気持ちで朗読劇をやって欲しくないと思っています。

と同時に、声優ファンであれば朗読劇を楽しんで頂きたいとも思っています。
そこは声優の素晴らしさが発揮できるステージだから。

なんかもう好きが溢れてヤバいことになってますね、僕(笑)

やっぱり芝居って良いですね♪
これからも色々なメディア・スタイルで芝居を演出したいです!
やっぱ好きなんです。芝居が♪

疲労と眠気と痛みで、思考能力が良い感じに無くなったので、このまま寝ます。

この記事を見返した時に、恥ずかしくなったら消してしまうと思います。
なにより文章が酷い!推敲して無くても解る!

ま、肉の脂身の層と顔のツラと情熱が熱い(厚い)僕が丸出しの酷い記事って事でw

|

« 質問箱、大繁盛!(プチ炎上?) | トップページ | 仕事履歴 »

舞台・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519013/66253474

この記事へのトラックバック一覧です: 『星綵Project Vol.1』を終えて、朗読劇に思う事:

« 質問箱、大繁盛!(プチ炎上?) | トップページ | 仕事履歴 »