« 『朗読』の奥深さについて | トップページ | 【是非見て欲しい】アートにエールを!作品『屯鎮漢』 »

時給1万円の壁

『時給換算すると』と言う表現が一般的かどうかわかりませんが、僕の周りではよく使われます。
基本的に成功報酬なので、1案件に対していくら貰うと言う世界なので。

2000円の仕事を30分でやれば、時給換算4000円となるわけです。
100万円の案件でも1000時間かければ時給換算1000円となるわけです。

ここで具体的な数字を出してみましょうか。
ドラマCDの演出・編集の仕事は、一応20万~30万円を頂戴しています。(もっと安く受けることもありますし、そもそも出演料やスタジオ代、音楽制作費など諸々を含めた『予算(バジェット)』で受ける場合、どれだけ残せるかでこの部分が調整枠となったりもするので。あ、僕は制作進行自体も兼ねてしまう場合があるので。ってか、それが音響監督の仕事の一つでもありますしね)
20万円として、時給換算すると……概ね脚本が届いてから音楽や効果音の当たりを着けつつ演出を考えるの3時間としましょう(実際に3時間程度で終わることもあれば10時間を超える場合もあります)、収録で演出をするための拘束時間が大体7時間(全員が一気に揃って収録出来たら4時間もかからなかったりしますけど……2回に分かれたとしたらこれくらいかな?)、録音した音声の編集・クリンナップに10時間(一つ一つリップノイズとかを取ればこれくらいかかるんですよ。むしろ短めに計算)、ミックス・マスタリングに20時間(全部自分でやってますからねぇ……もっと掛かる場合があります。音響効果の作り込みをすればもっと掛かりますし)。
ちょっと計算しやすいように調整もしましたが、合計40時間になります。
つまり、時給換算5000円となります。

最初は10万円とかでもホイホイ受けていましたが、時給換算すると上記の時間で終わったとしても2500円相当になるわけです。
それにこれには制作としての作業分が含まれていません。
なので、実質で言えばもっと下がります。
そもそも、この書いた時間で終わるかどうかというのもあります。

時給5000円、高いですか?安いですか?

まぁ、直接聴いたら「専門職なんですから高くないです」って言って頂けると思います。
しかし「そんなに貰えるのかよ!」って思っている人も割といるんじゃないかな?って思います。

ぶっちゃけ20代の自分にとっては時給換算5000円は高いと思ってましたから(笑)

そんなわけで、『時給換算』と言うのは、一つの目安としてこの世界ではネタにされます。

ぶっちゃけ、ミキサーとしての方が時給換算した場合は割が良かったりします。
だって実働は収録時間のみ。
1回当たり1.5万円とか貰って3時間拘束なら、時給換算5000円くらいになります。
しかし、ディレクターの場合は事前の仕込みから始まって番組編集もしてってなると時給換算で1000円未満になりますから。
まぁ、パケ録りしてしまえば1000円をキープ出来る場合もありますけどね。

そんな時給換算で1万円と言うのが一つの大台になるわけです。
少なくとも僕はそうでした。

最初の頃は時給換算なんかしないでも、報酬がそもそも1万円とか2万円の世界なので気にもしませんでした。
それが徐々に報酬を頂くようになると、この時給換算をして「あ、案外普通の金額になるんだ」ってなります。
そしていつしか、月収で物を見るようになって来るのですが……いつか自分が支払う側にもなり、再びこの時給換算に気付くようになるんです。

時給換算で1万円を超える仕事なんて早々なかったりしますけど、それでもそう言う仕事がポロポロ入るようになるんです。
そして、明らかに高い提示の場合「それは貰い過ぎだから、もっと安くしても良いですよ」なんて言ったりね(苦笑)

しかし、40過ぎてやっと時給換算して1万円を超えても遠慮せずに受けられるようになってきました。
「作業の対価としてお金を頂戴する」と考えるのが「それだけの金額を払っても良いと認めて貰えるようになってきたんだ」って受け止められるようになったんですよね。

時給換算のロジックって、かけた時間によって変わるわけなので、実際には効率よくやれば引き上げることも出来ますし、必要な時間が絞れない『作家業』なんかでは意味の無い物になったりします。
そもそも、時給換算自体に意味がないと言う人も居るでしょう。
「報酬が上がるのは、その経験を買っているからだ」って言われりゃ、それも納得の理由です。

それでも、ギャラの高い/安いを考える要素になり得るものですし、安くて当たり前だった人が正当な額を貰うと一瞬恐れ多く感じることもありますが、この時給換算をすると別の意味で恐ろしいほど現実感じることも出来ます(笑)

「てめぇなんか、まだまだ1万円/hの価値は無ぇ!!」って言う人も居るかもしれませんが、とりあえず自分の中ではようやく受け入れるようになってきたんですよと言うお話でした。

|

« 『朗読』の奥深さについて | トップページ | 【是非見て欲しい】アートにエールを!作品『屯鎮漢』 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『朗読』の奥深さについて | トップページ | 【是非見て欲しい】アートにエールを!作品『屯鎮漢』 »