その他

100%大絶賛は無いと言うこと

ニコニコ生放送の定型になっている『放送満足度アンケート』で『1.とてもよかった』が100%になることはままあります。
しかし、どんなコンテンツであろうと万人がすべて満足すると言うことはありえません。

ラジオやTV(ドラマやバラエティ、スポーツ中継やニュースすべてを含めて)、小説に漫画に楽曲に……エンタメも芸術もすべてにおいてです。

もし一様に同じ価値観の人間だったら100%はあり得るかもしれない。
もっとも、そんな無個性が人間なのか?と言う哲学的な問題も出てきますが(苦笑)

なんなら、昨今は料理屋さんですら評価に左右されることもあり、それが原因で店が潰れることもあります。
その評価が軽い気持ちで書いたものだったとしても、それが意見の支持率が高くなれば未来を決定付ける一打になることもあるのです。

そして、逆に提供側となる人間としても気になりますし、無碍にしてはいけないでしょう。

ちょっとそんなことを『なぜ100%はありえないのか』と『評価される側が気にすべきこと』の両サイドについて書いてみようと思います。

今の世の中、参考になることもあるでしょうし、そもそもこの記事ですら100%支持されるわけがないと言うことでありますが(苦笑)

続きを読む "100%大絶賛は無いと言うこと"

| | コメント (0)

声優さんに声の仕事を依頼したい!と言う企業・同人サークル・個人さまへ

酔った勢いながら書くと宣言しましたところ、反響があったので此処に書き記しておこうと思います。

まず、大前提に声優を仕事で起用する為のプロセスを説明しましょう。

・フリーの声優にお願いする

フリーである以上は本人に裁量が任されるわけで、直接仕事窓口に連絡を入れて、駄目なら駄目、OKなら請けて貰える……となります。
一番分かり易いですね♪
そして、この分かり易さと中間搾取(と言う表現は悪意がありますが……)が無いので本人にそのままお金が渡ると言う意味でも安心です(笑)
ただ一点……フリー歴が長くない人の場合はどうしてもレスポンスが悪くなります。
後述しますが、本人が判断すると言うけれど、それってなかなかハードルが高いので即座に判断出来ないことが多いんです。

・声優プロダクションにお願いする

多くのプロダクションは制作部を持っているので、そこでの判断になります。
判断基準は『信頼度』になります。(これは以後も一緒)
ただ、その判断基準が最も高いです。
そりゃそうです。所属タレントを守らなければならないのですから。
その為基本的にハードルが高くなります。
この防波堤こそが所属声優が事務所に手数料を払う要因ですから、事務所がNGと言ったら……次のパターンに進むのもありでしょう。
事務所が守る半面、個人的に受け付けたくないなぁって言う意思が半減以下になります。
それは『事務所が補償してくれているから』『何かあったら事務所が解決してくれるか』と言う補償の為です。
なので「駄目かもしれないなぁ」って言う人が案外OKになったりすることもあります。

・イベント制作会社(イベントの場合)や音響制作会社(ドラマCDやアニメーションなど)にお願いする

正直一般的なのはコレです。
こちらの判断基準ももちろん『信頼度』となります。
しかし、声優事務所や声優本人が仕事を請け負う上においてはこの制作会社の信用度に依存をするので、人気声優などを起用する場合は直接事務所・プロダクションに依頼するよりも可能性がかなり上がる場合があります。
……場合と書いたのも、その制作会社の信用度に依存するので、絶対ではないのですが……
ただ、事務所に払うお金+制作会社の手数料が発生するので、当然ながらその分コストがかさみます。
そのコストは保険よか信用の又借りなので、そこをけちって欲しくないですが……と言いたいところなのですが、実はその『制作会社の信用度』の度合いで、直接依頼するよりも手数料込みで安く済む場合もあります!
何でかと言えば、実際にトラブルがあった場合に制作会社が声優事務所に対して『支払い』をするので、声優事務所としては保険的な『ふっかけ』をせずに済むからです。
つまり「ふっかけ>制作会社の手数料」となれば、直接依頼するよりも安くなります。
そして、このケースが少なくないです。
……でも、声優事務所・プロダクションを「吹っかけ過ぎだ!」って攻めるのはお門違いです。
だって、役者を守るのが第一、役者を売るのが第二。
それが声優事務所・プロダクションですから。

これらを踏まえ、さらに突っついた説明をしていきましょうか♪

続きを読む "声優さんに声の仕事を依頼したい!と言う企業・同人サークル・個人さまへ"

| | コメント (0)

【選挙に行こう!】投票先を決める方法♪

ネット上では「みんな、投票しよう!」と盛り上がっているので、ちょっと一歩進んだ事を……

「どこに投票すれば良いの?」って人は多いと思う。
投票しようってニコニコ言われても……ねぇ……
自分の意思で投票するのが一番だけど、正直分からんよね?

でも、一人くらい仲間にしっかりと考えを持つ人がいると思うんだ。
その人に『乗る』のも一手だよ。
その人が色々考えて、今の世の中に必要!って思っても、一人では一票しか入れる事が出来ない。
だったら、そこに乗じて投票したら、その人の意思が大きくなっていく。
もしかしたら、その人の意見が世間的に受け入れられないかもしれないけど……そんなことまで気にしなくて良いと思うんだ。
その人が信用出来るなら、信用してみよう♪

でも、自分で考えて決めたいと言う人もいると思う。
なのに「結局わからないから投票しなかった」は勿体無い。
だったら、とりあえずネットで調べてみると言うのも一手だ。
ただ、闇雲に見ても混乱をする。ホント、マジで。
その時は、一つ自分の中で『テーマ』を決めよう。
税制面でも社会保障でも良い。
なんなら外交問題でも良い。国内に限る事じゃないからね。
自分が政治に何を求めるのか。それが漠然としてたら調べようがないから、まずは一つ決めてしまおう。
あ、二つでも良いよ? 順位は付けるべきだろうけどね。

しかしテーマを絞って探しても、同じ政党の事を分析してるはずなのになんだか全然言ってる事が違うと言う場合も多分にある。
解釈の仕方で言分の『見え方』が違うからだ。
これは放送に携わる者としてもなかなか頭が痛い部分だったりする。
一つの意見って、多角的に捉える事が出来るから、良くも悪くも言える。
ネット上で文句をぶつけて炎上させる場合なんか、この手法が多い。
きちんと意見を拾うとしっかりとまともな事を言っているはずなのに、悪意を持って切り開けば何故か『馬鹿な意見』に見えて『批判する口述』になってしまうから。

だからそんな時は、『各政党を批判している部分』を集めるのも一手。
「え? どんな意見でも批判する事が出来るんだろ?」って?
その通り! 逆に言えば、どんな批判もその裏には言いたい事の表面がある。
だけど、その表面だけを見ていると、どの意見も素晴らしい意見に見えてしまうんだ。
良い話には問題点が隠れがちになるからね。
だから、批判する意見から本質を見定めると言うことが出来る。
もしその批判が矛盾だらけだったりくだらないことだったとしたら、その意見は『まともな意見』なんだ。

そうやって調べていくと、政治家一人に絞って情報を調べることになると思う。
その時は、まず一つ『大事なフィルター』を持とう。

まず、感情的に批判している意見は無視しよう。
上記の通り、批判って絶対出来るんだ。
言っている事がしっかりと的を射ていると、その批判はだんだん感情論になっていく。
批判が感情的になってくるとこども染みた事しか言わなくなってくる。
「ん? この批判はなんだ?」って感じたら、おそらくそう言う事だ。

そして、本人の言い分を丸飲みするのもやめよう。
良い風に装う事はいくらでも出来るんだ。
一つの政策とっても、良い面と悪い面を同胞してるのに良い部分だけを出せば、りっぱな意見に見えてくる。

そして、実績を見てたらそりゃベテランが良いってなる。
もちろん、実績を積み上げてきただけの発言力があり、その人の意見を実現化させるための実力もあるのだろう。
そうなると、新人は不利になるよね。
実績を判断するフィルターとして、過去の失敗やトラブルを調べて、それを許せるかどうかで判断するのはどう?
許せる失敗なら気にしなくていいだろうしね。

そもそも自分のテーマを決めたりする事がハードル高いって場合もある。
そんな時は、自分の生活を改めて見返して欲しい。

今まで生きてきた中で『お金がかかる部分』で嫌な思いや疑問に思った事が必ずあると思うんだ。
お金がかかる部分って、大体の場合は政治が背景にある。
税金だったり公共事業だったり。
例えば、地域税が高いと感じる。でも、それが自分の生活に反映されてる気がしないと思ったら、調べてみよう。
実は公共事業が充実している場合がある。
その事業内容で、何を重視しているかが見えてくる。
それは国レベルでも一緒。
一つ気になる切り口から色々調べていくと、そこに必ず政治が存在するし、そこに自分が感じる善し悪しが見えてくると思うよ。

続きを読む "【選挙に行こう!】投票先を決める方法♪"

| | コメント (0)

【政治家様からの反論募集中】国民年金破綻を発端とした詐欺師集団の国政への不満について

まずは発端となった記事から

 人生100年時代に向け、長い老後を暮らせる蓄えにあたる「資産寿命」をどう延ばすか。この問題について、金融庁が22日、初の指針案をまとめた。働き盛りの現役期、定年退職前後、高齢期の三つの時期ごとに、資産寿命の延ばし方の心構えを指摘。政府が年金など公助の限界を認め、国民の「自助」を呼びかける内容になっている。

朝日新聞デジタル・Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6324241

雑に要約するとこう言う事だ。

国民年金の運用は破綻している事を認めます!
現状では、国民年金を給付しても生活するのに十分な金額はお支払い出来ません。
なので、若い人達は各自、資産運用などをして、老後を自助して下さい。
なお、国民年金は継続しますので支払いは義務です。
あ、資産運用には是非私達が用意した制度であるNISAがお薦めだよ♪

『国民年金を支払ってくれたら、老後の生活は国が支えます!』を国のトップが宣言をして、国民の義務として徴収して来た国民年金。

昭和の時点でザルな資産運用をして3割くらいの蓄えを失い、拠出資金にも影響を与えたことが平成になって早々露呈しました。
その時点で今の未来はもう見えていたと言うのに……今頃になって白旗を上げ、さらには自分達すら失敗した資産運用をして自分達で老後の資金を調達しなさいと仰られる。

これがどれほどフザケタ発表なのかと。

まず、昭和の資金運用失敗から30年以上。発覚してからも25年くらい経っています。
つまり四半世紀の時間をかけて正常化に失敗したわけです。

それでも「老後の為に国民年金を!」と声を上げ徴収すると言うのは、もはや詐欺です。
やってる事はネズミ講と全く同じ。
なお、この場合のネズミ講の上位者は現年金受給世代、そして世代が下りる毎に下位層へと移行していきます。
現状のままだと、僕らの子供達は自分達を支えるためだけに仕事をする奴隷となるでしょう。
(いや、破綻しきるか、改善されるべきですが……改善出来るのかな?無能な詐欺師集団の国政に……)

こんな状況下において、本当に改善の余地が無かったのか。
そもそも、国政の中で税収入の最適化はされているのかと言う『金に関する国政への信頼問題』が出てきます。

どれだけ国会議員が金の亡者で、国民を金の成る木にしか見えていないかを、このブログ記事で書いていこうと思います。

続きを読む "【政治家様からの反論募集中】国民年金破綻を発端とした詐欺師集団の国政への不満について"

| | コメント (0)

2018年を短く振り返って

今年は何かと上手く行かないことが多く、トラブルにも遭遇し、痛風から始まり喉風邪(?)で終えます。

もちろん良い事もあったりしましたが、トータルではダメージの多い一年となってしまいました。

そんな状態で来年(2/1より)前厄と相成ります。
厄年前にこんな状態じゃ本厄には死ぬんじゃないか?なんて冗談を言ってたりしますが、厄年と言うのは身体に変調を来し易い時期と言う知識を元に験担ぎから抜けだしながら成果を上げられるように精進して参りたいと思います。

さっきまで布団で寝込んでいましたが、ちょっと締めのメッセージ(これ)を書きつつ、番組で使う脚本のリライトをしながら年越ししたいと思います。

来年も良い仕事と出会い続け、進化理論……じゃなかった、進化し続けられるように、自分を鼓舞しつつ、三が日は風邪を直すべく養生したいと思います。

仕事始めは1/5(土)を予定します。

2019年、40歳になる僕にご期待下さい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「見て技術を盗め」に替わる言葉は「見て解からないなら、辞めちまえ」

「『目で見て盗め』ってのは非効率的だから、さっさと滅んで欲しい」って言うのはどうなの?
「見て盗め」って言う事は「教えるのが面倒くさい」ってことじゃないと思うのは、僕自身が古い人間だからだろうか?
訊いて答えてくれないなら非効率的だけど、なんて言うか言葉じゃどう伝えて良いのか分からん部分って少なくないと思うんですよ。

見て分からんってのであれば、それは『そもそもの基本がなってない』と言う事ですよね?
教えたことが解からないなら参考書なりWEBの情報なり学校なりで習ってこいって言うのは、馬鹿にし過ぎですか?

続きを読む "「見て技術を盗め」に替わる言葉は「見て解からないなら、辞めちまえ」"

| | コメント (0)

よろしい、ならば鰻だ

諸君、私は鰻が好きだ。
諸君、私は鰻が好きだ。
諸君、私は鰻が大好きだ。

蒲焼きが好きだ。
白焼きが好きだ。
串焼きが好きだ。
肝焼きが好きだ。
うな丼が好きだ。
肝吸いが好きだ。
うざくが好きだ。
う巻きが好きだ。

続きを読む "よろしい、ならば鰻だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫉妬が出来るって恵まれてるのでは?

みなさーん、嫉妬しますか?
嫉妬してますか?

僕は、実は負けず嫌いであると自覚はしています。
母親譲りなもんでね(苦笑)

なんなら最近は、嫉妬しすぎてストレスになってました。

なんでこの世ってのは才能ある奴が多いんだ。
運の良いやつが多いんだ。
何で自分は敵わない(叶わない)の?

って思ってます。

嫉妬にポジティブなイメージ無いですよね。
むしろ人を狂わせる要員の一つじゃないですか。

アンコントローラブルな厄介な感情ですよね。
実際、僕自身が振り回されてるわけですし……

しかし、今日、ふと気付いたことがあったんです。

嫉妬出来るってのは、恵まれてるんじゃないか?

って。

続きを読む "嫉妬が出来るって恵まれてるのでは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亭主元気で○○がいい?

亭主元気でマゾがいいを読んで、色々考えてしまったので、これを書き出さないと仕事に集中できずにいるので…久し振りにブログを書きます。
テーマとしては『夫婦と仕事』になるのかな?

まず、夫婦って言うのは、思っているよりも簡単で、思ってるより難しくて、思ってるより軽くて、思ってるより重いです。
つまり、人それぞれで千差万別です。

「夫婦ってどう言うもの?」

こんな単純な質問ですら、答えが多いに割れるでしょうし、そもそも共感を得るかも解りません。

僕は『契約関係にあるカップル』って程度です。
家族と言うものに理想はありましたが、結婚はその過程でしか無かったもので(^^;

そんなわけで、本題に入りたいと思います。

続きを読む "亭主元気で○○がいい?"

| | コメント (0)

2015年を振り返って

今年ももうすぐ終わりますね。

今年は契約上1/4にサラリーマンになりました。
13年間もフリーランスをやってきましたが…念願の所属です!
もう営業を頑張らなくても良いのです。
もう金勘定をしなくていいのです!
仕事に専念すればいい!!!

…と思ってたのが懐かしいです…

でもまぁ、少なくとも請求処理などを会社に任せて仕事が出来、稼ぎを気にせずに仕事に邁進出来て、色々な物が進展しました。

そう進展してます。

今年はラジオ番組が終わる一方で活動が小さくなったように見えたかもしれません。
「ちゅうなんけん」と「語らい酒場Inlet」が終わり、「遠藤ゆりかの今夜もユリーカ!」が始まったくらい。
あ、いちおう「内田彩のもっとお水下さい」を引き継いで構成作家をやってますし、これも新しい仕事と言えますかね。

仕事で今年を振り返ってみましょうか!

続きを読む "2015年を振り返って"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧