演出家として

下手な芝居とマズいナレーション

久し振りに芝居論とか長々と書きたくなったので、暇な方はお付き合い下さい。

ありがたい事に最近は演出業として、オーディオドラマやナレーションもやってたりするので

すが、やればやるほど自分の中での芝居論みたいなのが固まってくるんですよ。
そもそも趣味・志向も多分に影響する絶対的な正解のない世界なので、あくまで一つの意見と

して受け止めて頂ければ幸いです。

最近、また学生さんのオーディオドラマの収録を見る機会がありまして、その時に感じた事と

、個人的に「??」って思ったナレーションを耳にする機会がありましたので、その切り口か

らの芝居とナレーションの差異を書き残そうと思います。

まず、前回の記事の発展系になるので読んでおいて頂けると。
http://radio-on.air-nifty.com/daily_kodaman/2017/01/post-314d.html

続きを読む "下手な芝居とマズいナレーション"

| | コメント (0)

『棒読み』の正体

内容としては、つまるところ『芝居の基礎のさらに前段階』だと思います。
けど、それすら出来ていなかったり、気付いて無かったりするのかなって。

状況としては、脚本を手に演じる、なので朗読ですね。

『脚本を見て、そこから作品世界をイメージして、それを表現する』って行程で発声するはずなのですが、中間のイメージが大事なのではないかと思うのです。
このイメージがしっかりしてれば演じられる。
イメージが適当だと「文字を読んでるだけ」になる、と。

当然のことながら、朗読なのですから映像はありません。
でもその声を聞いてその世界が広がる…のが理想です。
いや、理想と言うかそうあるべきものです。

続きを読む "『棒読み』の正体"

| | コメント (0)

演出家としての無理と手段…かな?

この夏に『まーぶるconfection!』と言う、百合作品のドラマCDを演出させて頂きました。
ありがたいことに否定的な感想は無く、極めて満足頂けているようでホッとしています。

もちろん、企画・脚本の藤枝雅さんの世界観・脚本がしっかりしていたし、そこがウケていると理解した上で…
ひとまず、演出家として邪魔をしなくて良かったと思ってます。


続きを読む "演出家としての無理と手段…かな?"

| | コメント (0)